脅迫されたので 仕返ししたいです

相手には名誉毀損、侮辱されてもなんとも思いませんし、決意で書込みました
相手が誹謗中傷すれば返した。
彼らのせいで、○○官を辞めざるを得なかった。
で、彼らが行った真実を知りたくて書いた。書き込みを見て恐怖し弁護士に相談して机上の空論だといわれ安心した。同様のレスが他にあります。


採証作業へのご協力、ありがとう。
実名君が創造出来ない位、上層部の指示によるものです。
今後は司法警察権を持った、ある機関が実名君の特定作業に入ります。
過去数年にわたり当方は作業してきた。
ログの解析についても協定は出来ており、実名君の同定作業は今後加速度的に進行されます。
実名君が誰であるか、特定できた段階で刑法上の規定の「威力業務妨害」、「名誉毀損」等々の罪の疑いで刑事告発する予定。
刑法上比較的「重い」罪であり、司法当局との調整では、「刑法上の規定にある、全ての罪に対してその疑義を検討し、最も『甘い』判決が出たとしても、充分『実刑』となるように告訴状を作成する。」
旨、合意されてます。
実名君が誹謗中傷を続けているK氏とS氏ですが、実名君の人生を鑑み、今の所は「民事訴訟」は提訴しない方針ですが、「刑事訴訟」の成り行き次第では
「当然、『損害賠償請求』のための民事提訴も考える。」との意向。
当方としては、「それは、実名君の請求に対する弁済能力の評価を考慮すれば、提訴するに不適当だ。」とは助言しているところですが、いかんせん、ご本人達の意志が固くて・
ご本人達が提示されている「逸失利益」の補填額がそれぞれ約2500万、精神的苦痛を受けて続けた慰謝料として、それぞれ約500万、合計約6000万。
判例を繙きますと、「刑事責任」が確定した場合の「民事責任」、95%の確率で「原告勝訴」です。

1 立件するに必要最小限の情報は、当方、すでに入手していること。
2 現在、司法の場で完全勝訴を勝ち取るための裏付け資料の収集をしていること。
3 一部勝訴の場合においても、「執行猶予」が得られない(=実刑)が科される程、証拠資料は収集してあること。
まぁ、今後は、貴男の背後に誰かいないか、ちゃんと見ながら行動することですね。
で、なければ・

記事への質問 疑問等 メールを頂ければ回答致しております。
記事にはない内容で 記事にしてほしい希望の内容を頂ければ それに就いての記事の投稿もしてますので是非ご連絡ください。

友だち追加
LINE URL http://nav.cx/1FIgqn7


問い合わせ 依頼のメールも下記コンタクトフォームより出来ます