復讐代行 会社にクレーム1、その後全く連絡がとれなくなるケース

入金方法は 口座の振り込み 手渡し 郵送など 決算手段はいろいろあると思いますが 復讐代行業者に料金の決済をしたら 次の日から契約した業者とまったく連絡がとれなくなる業者が存在します。

そのような業者に運悪くあたってしまた方も結構いるのではないでしょうか?

結構とはかなりの確率で そのような業者がいるとゆうことです。

ここでわかっておかなければならないことは、どの様な依頼内容でも 決算後連絡が取れなくなる業者なのか 依頼内容によっては 連絡が取れる復讐業者なのかを把握しないといけないです

その理由は 連絡が取れなくなる業者から被害金額を取り戻す際に始めに確認する事の一部だからです。

これがわかっているのとわかっていないのとでは その後の対応に違いが出てきますし 被害金額が取り戻せる確率が変わってきてしまいます。

なぜ 入金後連絡がとれなくなってしまうのでしょうか?

業者側の立場にたてば簡単です。

何もしないでお金だけもらえれば楽だからです 利益率90パーセント以上でしょう!

クレームを電話でするのであれば 電話代が経費になりますが 通話料だけで考えれば100円もあれば十分だと考えるかもしれませんが 復讐代行の電話クレーム代行で考えると 経費はそれだけではありません 飛ばしの携帯をご存じですか?

飛ばしの携帯は後日書きます

飛ばしの携帯を用意する経費がかかるんです これが結構費用がかかるもので 安くても数万円かかります

これを経費として クレーム代行代の見積もりに入れてしまうと クライアントから依頼をもらえなくなってしまいます。

相談者は 大体の予算が5000ー50000円ぐらいで考えている相談者が多く5000円の予算の相談者に経費だけで5万かかると言ったら まずことわられますよね

断られるなら 5000円もらって 何もしない方が楽ですし 売上になるからです

 

記事への質問 疑問等 メールを頂ければ回答致しております。
記事にはない内容で 記事にしてほしい希望の内容を頂ければ それに就いての記事の投稿もしてますので是非ご連絡ください。

友だち追加
LINE URL http://nav.cx/1FIgqn7


問い合わせ 依頼のメールも下記コンタクトフォームより出来ます