外国人と債権

3年前に外国人の友人(もともと付き合っていた仲なのですが)に300万以上を貸しており(海外で知り合った方で、当時の現地での家賃やその他、日本に帰ってきてからの、食費、旅費、お小遣いや生活費など本人が後から払うと言っていたものを一度精算して公正証書にしています。その時に、食費などという明細は書いておらず、金何円と表記しています。)その方にはイギリス人に多く見られる性格上の問題があり、いつも喧嘩ばかりで、モノが壊れたり、こちらの指が骨折するくらい蹴られたりということもありました。ある時は、ヒステリックをおこし、自分で自分の顔を殴り、アザだらけになったところで街を徘徊し、嫌な疑いをかけられたこともあります。こちらは、彼女がヒステリックが起こす際に暴れないように抑えつけるといった事が何度もありました。それを見かねた、私の家族が、彼女を実家にて面倒をみることにし、数週間は、別に暮らしていました。

それから、他の街に仕事が見つかり、九州の街へ移動したのですが、その前にこちらが作った契約書にサインをしてもらいました。それまでの信用問題があるので、出来れば、パスポートを任意で置いていくように(使用時はいつでも使える状況)促したのですが、拒否をされました。その後、世話になった(お金を借りたり、洗濯、掃除、ご飯を作ってもらったなど、生活の世話をした)こちらの家族に何のお礼もないまま出てゆき、こちらの家族のいらだちも相当なものでした。

その後、二人の関係がやや良好になり、パスポートを自分から渡してもらい、預っていました。ある日、電話越しに喧嘩になり、それからは連絡が途絶えてしまいました。その後とある弁護士からの手紙が内容証明できており、パスポートを取り上げたのは、人権侵害であると、すみやかにこちらまで送りなさいとのことでした。これに対し、そちらの主張には事実と異なるものがある。その後、新しいパスポートを大使館で発行してもらったらしく、イギリスに帰ったようです。もちろん、この間、本人は給料を貰っていたにもかかわらず支払いは一度もありません

記事への質問 疑問等 メールを頂ければ回答致しております。
記事にはない内容で 記事にしてほしい希望の内容を頂ければ それに就いての記事の投稿もしてますので是非ご連絡ください。

友だち追加
LINE URL http://nav.cx/1FIgqn7


問い合わせ 依頼のメールも下記コンタクトフォームより出来ます